テーマを探す

フィールドワーク詳細

浪江町請戸地区・JR浪江駅周辺

概要

 震災前は住宅等が密集した漁村の風景が広がっていた沿岸部の地域。15mを超える津波で壊滅的な被害を受けただけでなく、震災の翌日に原発事故による避難指示が出された。津波に襲われ半壊の状態となった請戸小学校等が震災当時の姿を残す一方、2017年3月の避難指示解除により、請戸漁港に一部の漁船が戻る等、復興に向けた動きが活発化している。

標準的なルート・内容

☆集合(ガイドがバス同乗):道の駅なみえ(浪江町大字幾世橋字知命寺60)
 ①請戸地区
  請戸漁港(漁業の現状と課題)【降車・説明10分】→請戸小学校【降車・説明15分】※館内見学なし→大平山霊園(慰霊、津波被害の状況、原発事故がもたらしたもの)【降車・説明15分】

 ②JR浪江駅周辺【降車・説明20分】
  徒歩で2017年3月に避難指示解除された中心市街地を見学
★解散(ガイドがバス降車):道の駅なみえ
学びのテーマ
  • 原発事故の影響
  • 津波被害
  • 避難指示解除後の地域
  • 農林水産業
  • 防災・減災
学びのポイント
津波・原発事故の被害状況
教訓を防災・減災にどう活かすか
避難指示解除後の地域の現状・課題、新しい地域づくりへの挑戦
漁業の現状と課題
自治体名
浪江町
アクセス
道の駅なみえ(浪江町大字幾世橋字知命寺60)
※常磐自動車道 浪江ICから約10分
団体名
(一社)まちづくりなみえ
所要時間
○請戸地区のみ:70分
○請戸地区、JR浪江駅周辺:90分
受入人数
ガイド1名につき大型バス1台まで対応
受入時間
9:00~16:00(左記以外の時間は要相談)
定休日
なし
備考
※バス複数台の対応可能(台数については要相談)
※一部、道幅が狭い箇所を通行
※ご依頼内容に応じて、受入人数・見学ルート・見学時間のアレンジ可能(要相談)