テーマを探す

ヒューマン詳細

  • 住民

浪江まち物語つたえ隊

 2012年、当時仮設住宅で暮らしていた浪江町民2名で結成。地域に伝わる民話・昔話をはじめ、震災・原発事故の実話をもとに紙芝居やアニメーションを制作し、全国各地で作品の上演会や上映会を行っている。ふるさとの記憶や震災・原発事故の記憶・教訓を伝え続けている。
学びのテーマ
【住民】
学びのポイント
住民・地域の視点から見た震災・原発事故の記憶や教訓、復興の現状と課題
自治体
浪江町
所要時間(内訳)
60分 ※説明40分(団体概要、紙芝居2つ)+質疑20分
対話可能時間帯
要相談
対話不可日
要相談
対話会場

通常

福島県内全域

出張の可否

可(要相談)
※出張場所によっては別途、交通費・宿泊費の負担が必要な場合あり

受入人数
対話会場の広さによる
配布資料
電子データの投影

※プロジェクター、スクリーンなどの投影環境がある会議室等が望ましい
※パソコンは講師持参
備考
料金について(紙芝居は基本2演目)
〇プロジェクター使用時は、2演目1人で可能
(¥8,000.- × 1名)
〇プロジェクターを使用しない場合は、2人以上必要
(¥8,000.- × 2名 ないし 3名)