テーマを探す

ワークショップ詳細

フィールドパートナー
震災・原発事故の教訓を「他人事」から「自分事」へ”考える”

概要文

 各日の最後に1日の学びを整理・共有する「振り返り(リフレクション)」を実施。最終日の「まとめのワークショップ」では、ツアーでの学びを踏まえ、震災・原発事故により顕在化した様々な社会課題(人口減、高齢化、地域の衰退、エネルギー問題等)は、「福島だけの問題」ではなく、「日本社会やそれぞれの地域が抱え、解決すべき問題」であるという視点に立ち、震災・原発事故の教訓を自分達が創る未来へどう活かしていくのかなどについて考える。

ワークショップ等の概要・流れ

★ツアー行程にフィールドパートナー(FP)(https://www.hopetourism.jp/member/data/role_fp.pdf)を付ける場合、FPが学校様等のご要望を踏まえ、ワークショップ等の内容を企画・運営

(振り返り)※一例
①FPから1日の行程整理【5分】
②個人ワーク(発見や感じたこと、疑問点などを付箋や模造紙へ書き出す)【10分】
③グループ共有【20分】
④全体共有・対話【10分】
⑤グループごとに深める【10分】
⑥FPからの発信【5分】
(まとめのワークショップ)※備考欄参照
学びのテーマ
  • まとめのアウトプット
学びのポイント
震災・原発事故の教訓を他人事から自分事に繋げる
自治体名
所要時間
振り返り(リフレクション):60分程度/まとめのワークショップ:90分~150分程度