企業等の
育成

国家公務員総合職内定者

震災・原発事故により顕在化した様々な
社会課題から、これからの社会に求められる
行政・企業等の役割を考える

  1. Home
  2. 4つのカテゴリー
  3. 企業等の育成 国家公務員総合職内定者
企業等の育成 国家公務員総合職内定者

東京電力福島第一原子力発電所の視察を始め、多様な分野で復興に挑戦する人々との対話、廃炉やロボットに関わる技術の研究開発、エネルギー関連産業などの最先端の取組(福島イノベーション・コースト構想)から、世界初の複合災害により顕在化した社会課題を体感することで、これからの社会や地域に求められる行政・企業等の役割について考えます。

ツアー事例紹介

コース例

国家公務員総合職内定者

2泊3日

1日目

10:00 福島駅発
ガイダンス・食事 交流センター「ふれ愛館」(飯舘村) 研修ガイダンス・昼食
対話 特別養護老人ホームいいたてホーム(飯舘村) 施設長 三瓶政美さん
対話 福島ロボットテストフィールド(南相馬市) ㈱タカワ精密 取締役 渡邉光貴さん
宿泊 福島いこいの村なみえ(浪江町)着
考える 振り返り

2日目

7:30 福島いこいの村なみえ(浪江町)発
見学 浪江町内フィールド学習(浪江町)
見学 (車窓)国道6号(一部帰還困難区域)通過
見学 中間貯蔵施設(双葉町・大熊町)
宿泊 大熊食堂(大熊町)
見学 東京電力「廃炉資料館」(富岡町)(車窓)福島第一原子力発電所構内(双葉町・大熊町)
対話 東京電力社員
宿泊 Jヴィレッジ(広野町・楢葉町)着
考える 福島で働く国家公務員を交えた意見交換会

3日目

7:30 Jヴィレッジ(広野町・楢葉町)発
対話・見学 福島県立ふたば未来学園高等学校(広野町)副校長 南郷市兵さん/授業の様子を見学
見学 富岡町夜の森地区(富岡町)
見学 富岡復興メガソーラー・SAKURA(富岡町)
食事 みんなの交流館「ならはCANvas」(楢葉町)
対話 ふたばの明日を考える会
考える ワークショップ(テーブルファシリ:ふたばの明日を考える会)
17:30 いわき駅 解散
マップ

ツアーの様子

「見る」

  • ロボットテストフィールドの見学
    ロボットテストフィールドの見学
  • 除染土壌等の中間貯蔵施設(受入・分別施設)を見学
    除染土壌等の中間貯蔵施設(受入・分別施設)を見学
  • 福島第一原子力発電所構内をバス車窓から見学
    福島第一原子力発電所構内をバス車窓から見学
  • 浪富岡復興メガソーラー・SAKURAの見学
    浪富岡復興メガソーラー・SAKURAの見学

「聞く」

  • いいたてホーム 三瓶施設長との対話
    いいたてホーム 三瓶施設長との対話
    ~原発事故当時の医療・福祉施設避難の苦難と
    決断、地域医療の現状と課題~
  • (株)タカワ精密 渡邉取締役との対話
    (株)タカワ精密 渡邉取締役との対話
    ~地元中小企業の目線から語るロボット産業集積に向けた展望と課題~
  • ふたば未来学園高校 南郷副校長との対話
    ふたば未来学園高校 南郷副校長との対話
    ~復興の課題を学びと人材育成に結び付ける未来創造型教育の現状~
  • ふたばの明日を考える会(地元自治体職員)との対話
    ふたばの明日を考える会(地元自治体職員)との対話
    ~復興の最前線で感じる各被災自治体の現状と課題~

「考える」

  • 最終日のワークショップ
  • 最終日のワークショップ

最終日のワークショップでは、グループごとに福島第一原発、地域、行政の立場を与え、「復興のエンドステート(それぞれの役割ごとに成し遂げるべきこと)とそこに至るシナリオ」を構想。双葉郡8町村の若手職員等で構成する「ふたばの明日を考える会」も交え真剣な議論がなされました。

参加者の声

  • 葛城 優美 さん[ 総務省内定(当時) ]

    研修を通して一番感じたことは、「福島は日本の課題の縮図であり、同時に、課題に挑戦していく最先端県」ということでした。福祉施設での労働力不足や、高齢化が進む過疎地域など、日本がまさに直面している普遍的な課題が福島の地で進行していました。同時に、現場でのお話を通じ、その課題への解決策というのは、復興のためのみならず、普遍的な課題を克服する可能性を秘めているということに気付きました。

  • 嶋倉 悠介 さん[ 国土交通省内定(当時) ]

    「行政がするべきことは何か?」「(行政は)現場を正しく理解し、誰のための施策なのかを明確にしているのか?」といった問いは、私なりに頭の中に刻み込んでいたつもりであったが、まだまだ私自身の中で理解しきれていないと感じた。今後行政官として働いていく際には、現場の声なき声を拾いに動き、ミクロ/マクロを横断して本当に行政がするべきことは何かと常に私自身に問い続けて行きたい。

  • 鎌倉 真奈 さん[ 環境省内定(当時) ]

    原発事故に関連した問題には、未解明かつ時間が経つことで状況が大きく変わる事項がたくさんあります。ゴールを見据えた政策が重要である一方、変化に柔軟に対応することも必要です。研修を通じ、様々な社会課題の壁の厚みを感じました。その厚みを少しでも薄くする粘り強さが自分にあるのか、そう自問自答した参加者は私だけではなかったと思います。

  • 今泉 光一郎 さん[ 法務省内定(当時) ]

    現場に行きさえすれば福島の課題解決の糸口がつかめるのではないかと楽観的に考えていた。しかし実際に現場に行ってみると、そこにある現実は単純ではなく、重層的であった。「現場」と言っても、そこにある現実は多様であり、行政・住民・産業のように視点を変えるだけで「現場」の捉え方が大きく異なることが印象的だった。

お問い合わせTEL:024-525-4060