外国人
留学生

広島大学の留学生

語り継ぐことの重要性を知る

  1. Home
  2. 4つのカテゴリー
  3. 外国人留学生 広島大学の留学生

避難指示解除後の地域で生活する人々と交流し、メディアで報じられる「フクシマ」ではなく、福島のありのままの姿を体感します。

原爆投下を経験した広島と原発事故を経験した福島をつなぐ視点で見ると、正しい知識や教訓を後世に残すためには、人から人へ語り継ぐことが何よりも重要であることに気づきます。

ツアー事例紹介

コース例

広島大学の留学生

2泊3日

1日目

14:25 いわき駅発 貸切バス
見学 特定廃棄物埋立情報館「リプルンふくしま」(富岡町)
対話 東京電力「廃炉資料館」 東京電力社員
対話 みんなの交流館「ならはCANvas」(楢葉町)
(一社)AFW 代表理事 吉川彰浩さん
宿泊 富岡ホテル(富岡町)着

2日目

7:50 富岡ホテル(富岡町)発
対話 富岡町内フィールド学習(富岡町)
NPO法人富岡町3・11を語る会 代表 青木淑子さん
見学 (車窓)国道6号(一部帰還困難区域)通過
食事 福島いこいの村なみえ(浪江町)
見学 ビデオ「無念」上映(浪江町)
見学 石井農園エゴマ収穫祭(浪江町)
対話 石井農園 石井絹江さん
見学 浪江町内フィールド学習(浪江町)
対話 小高を応援する会3B +2 廣畑裕子さん
宿泊 展望の宿天神(楢葉町)着

3日目

8:30 展望の宿天神(楢葉町)発
対話 NPO法人ハッピーロードネット 理事長 西本由美子さん
考える 郡山市商工会議所(郡山市)
ワークショップ
15:30 郡山駅 解散
マップ

ツアーの様子

「見る」

  • 石井農園のエゴマ収穫祭で住民たちと餅つきに挑戦
    石井農園のエゴマ収穫祭で
    住民たちと餅つきに挑戦
  • 富岡町内フィールド学習
    富岡町内フィールド学習

「聞く」

  • 小高を応援する会3B +2 廣畑裕子さんとの対話
    小高を応援する会3B +2 廣畑裕子さんとの対話
  • (一社)AFW 代表理事<br>吉川彰浩さんとの対話
    (一社)AFW 代表理事
    吉川彰浩さんとの対話

「考える」

  • ワークショップで現地を訪れて感じた光と影を書き出す
    ワークショップで現地を訪れて感じた光と影を書き出す
  • 地域全体の課題を発見した一方、その中で生活する人の力強さを実感
    地域全体の課題を発見した一方、その中で生活する人の力強さを実感

参加者の声

  • ホアン・ゲアン・ヴァン さん[ ベトナム ]

    これからたくさんの国がエネルギーについて考えていく中で、エネルギーを使う我々が学ばなくてはいけないと思った。
    救いたくても救えなかった命、地域の人の強い思いなど、生の声を聞くことができ、原子力災害は二度と起きてはいけないと実感した。
    原爆投下の広島と原発事故の福島。状況は大きく異なるが、重要なことは、この事実を次世代に伝えていくこと。出来事だけではなく、地元の人たちの声や想いを、我々が伝承していかなければいけないと強く思った。

お問い合わせTEL:024-525-4060