外国人
留学生

独立行政法人国際協力
機構(JICA)の研修員

SDGsの視点から福島の復興を考える

  1. Home
  2. 4つのカテゴリー
  3. 外国人留学生 独立行政法人国際協力 機構(JICA)の研修員

持続可能な開発目標(SDGs)の視点から福島の復興を考えるプログラムです。
コミュニティの再構築や地域の復興などのローカルな課題を、グローバルな視点で捉え、世界中の人々が生きるために必要なキーワードを発見します。
地域を見つめ、復興のゴールとは何か、SDGsの視点から福島の復興について議論します。

ツアー事例紹介

コース例

独立行政法人国際協力機構(JICA)の研修員

2泊3日

1日目

10:30 仙台駅発 貸切バス
食事 たこ八(相馬市)
見学 和田観光苺組合(相馬市)
見学 レナトス相馬ソーラーパーク(相馬市)
対話 (株)ふたば 代表取締役 遠藤秀文さん
見学 富岡復興メガソーラー・SAKURA(富岡町)
対話 福島発電(株) 代表取締役 鈴木精一さん
宿泊 富岡ホテル(富岡町)着

2日目

7:30 富岡ホテル(富岡町)発
見学 富岡町夜の森地区(富岡町)
対話 東京電力「廃炉資料館」 東京電力社員
見学 (車窓)国道6号(一部帰還困難区域)通過
対話 ゲストハウスあおた荘 副管理人 小林奈保子さん
食事 双葉屋旅館(南相馬市小高区)
対話 双葉屋旅館 女将 小林友子さん
対話 小高を応援する会3B+2 廣畑裕子さん
宿泊 ダイワリンクホテル南相馬(南相馬市原町区)着

3日目

8:00 ダイワリンクホテル南相馬(南相馬市原町区)発
食事 宿泊体験館きこり(飯舘村)
対話 までい工房美彩恋人 渡邊とみ子さん
考える ワークショップ
15:30 仙台駅 解散
地図

ツアーの様子

「見る」

  • 富岡復興メガソーラー・SAKURAを見学
    富岡復興メガソーラー・SAKURAを見学
  • 富岡町夜の森地区を見学
    富岡町夜の森地区を見学

「聞く」

  • 遠藤秀文さんとの対話
    株式会社ふたば 代表取締役
    遠藤秀文さんとの対話
  • 小高を応援する会3B+2 廣畑裕子さんとの対話
    小高を応援する会3B+2 廣畑裕子さんとの対話

「考える」

  • メディアでは伝えられない現状を体感し、疑問を共有
    メディアでは伝えられない現状を体感し、疑問を共有
  • 疑問・課題を解決し、SDGsの視点から復興のゴールを考える
    疑問・課題を解決し、SDGsの視点から復興のゴールを考える

参加者の声

  • センガン・セン さん[ 宮城大学在学/セネガル出身 ]

    福島の人々は震災でたくさんのものを失った中でも、どのように立て直していくかを真剣に考えていた。地域の方々の話はどれも力強く、ふるさとを思う熱意に涙する参加者もみられるほどだった。
    抽象的だった福島のイメージが、「あの町であの人が言っていたように」と、ツアーを通して具体的になっていくのを感じた。
    福島の復興に関して、政府の力だけでなせるものではないと考えている。新しい世代の若い人々が一緒に復興に関わってこそ、住民主体の理想の復興のカタチができるのではないだろうか。

お問い合わせTEL:024-525-4060