教育旅行

部活動の合宿+
福島の現状と課題

合宿と学びを両立する新しいカタチ

  1. Home
  2. 4つのカテゴリー
  3. 教育旅行 部活動の合宿+福島の現状と課題
教育旅行 部活動の合宿+福島の現状と課題

~震災・原発事故のフィールドからの学びが本当のチームワークを育む~
ホープツーリズムの基本コンセプト(見る、聞く、考える)に沿ったコンパクトな行程とJヴィレッジでの合宿を組み合わせたコース例です。温暖な気候で、冬季も雪の影響をほとんど受けずに年間を通じて合宿を行うことができます。サッカー日本代表も合宿を行ったピッチでの練習はもちろん、地元の学校との交流試合も可能です。合宿と学びを両立する福島ならではのプログラムです。

ツアー事例紹介

コース例

市川中学校・高等学校 サッカー部

2泊3日

1日目

11:30 富岡ホテル(富岡町)着
食事 富岡ホテル(富岡町)
見学 東京電力「廃炉資料館」(富岡町)
見学 (車窓)国道6号(一部帰還困難区域)通過
見学 浪江町内フィールド学習(浪江町)
考える 浪江町地域スポーツセンター
避難所運営シミュレーション教材「さすけなぶる」を使用したワークショップ
宿泊 展望の宿天神(楢葉町)
対話 (一社)AFW代表理事 吉川彰浩さん
考える 1日目の振り返り

2日目

合宿 Jヴィレッジ(広野町・楢葉町) 練習・地元の中学校との交流試合

3日目

合宿 Jヴィレッジ(広野町・楢葉町) 全天候型練習場での練習
13:30 解散
地図

ツアーの様子

「見る」

  • 東京電力「廃炉資料館」を見学
    東京電力「廃炉資料館」を見学

「聞く」

  • (一社)AFW 吉川代表理事との対話
    (一社)AFW 吉川代表理事との対話

「考える」

  • 避難所運営シミュレーション教材「さすけなぶる」
    避難所運営シミュレーション教材「さすけなぶる」
  • Jヴィレッジで合宿
    Jヴィレッジで合宿
  • 地元中学校との交流試合(野外ピッチ)
    地元中学校との交流試合(野外ピッチ)
  • 全天候型練習場での練習風景
    全天候型練習場での練習風景

参加者の声

  • 大澤 和仁 先生[ 市川中学校 ]

    緊急時にはコミュニティやチームの力が必要。それとサッカーには親和性があると感じている。実際現地に来て、そこから立ち上がってきた人々の声を聞くことで、「自分だったらどうするか」を考えることができ、それが実社会につながる力になる。それを学べるのが福島だ。

  • 井上 照悟 さん[ 市川中学校 ]

    今まで千葉に住んでいて、新聞やニュースでしか福島の現状を知ることができなかった。事故があったことは知っていても、避難生活のことや福島の人の苦悩や葛藤を聞いて、千葉で災害が起きた場合を考えると他人事ではないと感じた。

お問い合わせTEL:024-525-4060