教育旅行

テーマ学習コース例

エネルギーと地域社会の関わりを学ぶ

  1. Home
  2. 4つのカテゴリー
  3. 教育旅行 テーマ学習コース例
教育旅行 テーマ学習コース例

長年首都圏へのエネルギー供給を担ってきた福島県で、エネルギーと地域社会の関わりを学ぶコースです。原子力、火力、再生可能エネルギーなどの発電施設の見学や被災地域でのフィールド学習により、エネルギーと地域社会の変遷、これからのエネルギーのあり方について考えを深めることができます。

ツアー事例紹介

コース例

埼玉県立不動岡高等学校

2泊3日

1日目

11:30 勿来駅(いわき市)発 貸切バス
食事 いわき・ら・ら・ミュウ(いわき市)
見学 常磐炭鉱の産業遺産(いわき市)
見学 いわき市石炭・化石館 ほるる(いわき市)
宿泊 スパリゾートハワイアンズ(いわき市)着
対話 スパリゾートハワイアンズ職員
考える 1日目の振り返り

2日目

8:00 スパリゾートハワイアンズ(いわき市)発
見学 広野町防災緑地の防災林、防潮堤(広野町)
見学 (車窓)浮体式洋上風力発電所(楢葉町)
見学 津波被災パトカー(富岡町)
食事 富岡ホテル(富岡町)
対話 東京電力「廃炉資料館」(富岡町) 東京電力社員
見学 (車窓)大熊町大川原地区のメガソーラー(大熊町)
見学 (車窓)国道6号(一部帰還困難区域)通過
見学 浪江町請戸地区(浪江町)
宿泊 トモエ屋旅館 (相馬市)着
考える 2日目の振り返り

3日目

8:15 トモエ屋旅館 (相馬市)発
見学 相馬共同火力新地発電所(新地町)
考える・食事 コラッセふくしま(福島市) ワークショップ
14:20 解散
地図

ツアーの様子

「見る」

  • 「常磐炭鉱の産業遺産」
    エネルギー革命による石炭の需要減のため閉山となった「常磐炭鉱の産業遺産」

「聞く」

  • 「エネルギーのこれからのあり方と原子力発電」について率直に質問
    東京電力社員との対話「エネルギーのこれからのあり方と原子力発電」について率直に質問

「考える」

  • ワークショップでは、行政や住民、電力会社などの様々な立場に立ってエネルギーについて議論
    ワークショップでは、行政や住民、電力会社などの様々な立場に立ってエネルギーについて議論

参加者の声

  • 鈴木 久代 先生[ 埼玉県立不動岡高等学校 教頭 ]

    生徒がアクティブラーナーとなり、主体的な学びができた。物事はひとつの側面から見ても正解はない。知ろうとすること。そして、問題を自分事として捉え、対話で解決方法を生む力が、これからの時代に必要な「学びに向かう力」であり、この学びの重要性を強く感じた。

  • 堀田 優羽 さん[ 埼玉県立不動岡高等学校 ]

    ひとつの物事に対しても、見る立場が違えば、考え方も違う。大切なのは、答えを見つけることではなく「考えること」だと思った。福島の事故だけではなく、世界中で答えのない問題はたくさんある。そこから逃げずに、話し合い、立ち向かう勇気がこれからの社会に必要だと実感した。

お問い合わせTEL:024-525-4060